きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

海外通販(個人輸入)に挑戦する。

 

f:id:crocromanimani:20171216181625j:plain

今はネットで海外からも割と簡単?に買い物ができる。

が、私は英語に対して苦手意識しかないので、いろいろなリスクと精神的負担を考えれば、多少高くても国内の日本語が通じるお店を使う方が断然楽だ。それに日本で手に入るもので事足りていたので、わざわざ海外のオンラインショップから物を買おうなど思うことはこれまでまったくなかった。

 

ところが…

 

先日から編み始めているショールのデザイナー、Stephen Westさん。彼はこれまでもたくさんの作品をリリースしているが、あまり見かけない面白いデザインのものが多く、何よりその作品の写真たちが、ポップ!奇抜!アーティスティック!で面白い。

 

今は、その中でも編みやすそうなDotted Raysを練習がてら編んでいるのだが、他のものも編んでみたいと思わせる。

そのStephen Westさんの本、「WESTKNITS BESTKNITS -1 Shawls」が見てみたくなったのだ。そして最近「WESTKNITS BESTKNITS -2 Sweaters」もリリースされた。

ラベリーで電子書籍版を買うこともできる(WESTKNITS BESTKNITS -2の方は今はStephenさんのお店でしか買えないようだ)。ただパターンが欲しいだけならそれでも良いかもしれないが、その面白い作品写真が見てみたいとも思っているので、せっかくならキレイに印刷されたものが良いに決まってる。

と、ネットで手に入るか調べまくった。残念ながら、私の調べた限り現在日本国内では手に入りそうもない。

うーん、さてどうするか。

あきらめるか、電子書籍版で我慢するか…と自分の中でしばらくの間葛藤した結果、Stephenさんのお店で買ってみよう!と一念発起した。

 

⬇︎Stephenさんのお店⬇︎

www.stephenandpenelope.com

オランダのアムステルダムにあるお店だが、ホームページの言語は英語なので、グーグル先生などを頼れば何とかなるかなと。

せっかくなので「WESTKNITS BESTKNITS 1 Shawls」と「WESTKNITS BESTKNITS 2 Sweaters」の2冊を買うことにしてみる。それでもカートに入れては削除するなんてことを繰り返すこと数回。やっとこさレジへ進む。

必須項目を入力して先に進もうとするとエラーが。どうやら住所のところで間違えているようだった。

f:id:crocromanimani:20171216181134j:plain

 ⬆︎これを見ると〝Street name〟には町名を〝Number〟には丁目・番地を入れればいいのかなと思うのだが、そうするとエラーが出る。✳︎は記入必須項目)

どうやら Number にはハイフンなども入れてはダメで数字のみにしろということらしい。オランダの住所表記は Street name - Number の順に表記されるようなので、試しに Street name に町名/丁目・番地/マンション名と日本での表記の順にズラズラーと記載し、Number に部屋番号を入力してみる。次へ進んでみると、、、行けた!

本来英字表記では住所は順番を逆に記載していくが、日本にさえ着いてしまえばそこから先、見るのは日本人。なので、その方達が分かればいいのだ。

最終的な表記も日本国内のと同じ順番でちゃんと記載されていた。

発送方法は、DHL一択だったので、それを選択。

本が一冊約25ユーロ。送料が23ユーロだった。全部で約73ユーロ、現在のレートで約1万円弱。ずいぶんと高価な本になってしまった。

そして支払い方法へ。クレジットカードとPaypalが選択できたが、迷わずPaypalで。

その後の操作でミスって2回同じものを頼んだ状態になってアワアワパニック。何て伝えれば良いのかネットで調べまくってメールをし、なんとか無事1回分をキャンセルしてもらえた。お店の対応も迅速で安心できた。

そして、お店から発送完了のメールをもらい、DHLからも荷物受付のメールをもらった。DHLのメールに荷物番号(WAYBILL)が記載されているので、そこからは日本のDHLのサイトで追跡ができる。⬇︎

f:id:crocromanimani:20171216195320j:plain

日本時間の金曜日の深夜に注文をし、日曜日の夜に発送されて木曜日には配達というスケジュール。早いっ!さすが宅配便。

木曜日は仕事で受け取れないので土曜日に変更してもらい無事受け取った(実際配達してくれたのは佐川さん)。

 

言われてみればなるほどと思うが、海外から物を買い付けて日本に持ち込むというのは、大小関わらず輸入ということになる。

今回は個人輸入(個人で使用目的)で、総額16,666円以下(送料込み)なので減免措置により関税はかからず、通関手数料もかからなかった。

関税関係は例外があったりするのでその都度確認した方が良い。

 

無事に受け取れたものの、やっぱりアワアワ、ソワソワしてしまうのであまり海外通販は利用したくない。

 

で、肝心の中身はというと。。。

早速開いてみる。最新刊である「WESTKNITS BESTKNITS -2 Sweaters」の表紙裏にはサインらしきものが、、、メモ書きに書いて貼り付けてあった。一瞬これ本物?と思ってしまうくらいのラフな感じ。

f:id:crocromanimani:20171216214052j:plain

さらにページをすすむと、ん?写真が若干ボヤってる?

本の雑誌のようなオフセットやグラビア印刷を想像していたのだが、どうやらこちらはインクジェットで印刷したもののようだ。なので、それなりにはキレイなのだが、鮮明さは少し落ちる。うーん、そこはちょっと残念。

日本ではインクジェットで印刷された本が売られているのは見たことが無い。お国によって印刷事情も違うということか。

しかしながら、ページ数はかなりあり見応えは十分なので、買って良かった。

作品写真はやはりポップで奇抜でアーティスティック。面白い。そして、作品のデザインもこれまた面白い。実際身につけられるか?と問われると難しいかなと思うものもあるが、色などを考えればまた全然違う雰囲気になりそうなのでいろいろ作ってみたくなる。

付属のクーポンコードを使って、ラベリーより電子版もダウンロード(無料)。

 

翻訳版が出ていない作品で編みたいものがあるので、がんばって訳さないといけない。