きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

編み込みの練習をする。

 

f:id:crocromanimani:20170610184953j:plain

先日の編み物教室で、先生に編み込みのベストを作りたい旨を相談。

作ってみたネコ柄も見せて、ではとりあえず編み込みを練習してみましょうということになった。

編み込みに関しては全然やったことがないので、まずは糸のかけ方から。

私は左手に糸をかけるフランス式(コンチネンタル)でいつも編んでいる。ので、今回は2色で編むので2本の糸を左手にかける。これがまた難しい。

2本の糸が寄ってしまって絡まったりする。それを直したかと思えば今度はゆるんだり。。。と、調子を合わせながら編むのがなかなか進まない。苦戦しているうちに教室の時間は終了。続きは家で練習することになる。

 

家でも少しづつ練習をしてみるのだが、あまりの苦行っぷりに心が折れそうになる。

そもそも作った柄が難しかったのか? 自分の好みのバランスで柄を並べたが、そのせいで地色が20目前後続く箇所が結構出てくる。すると裏側では配色糸がびよーんと長く渡ることになるので、そのままだと引っかかりやすくて大変厄介。なので5目ごとくらいで表に響かないように裏側で地色糸に絡めるのだが、そこがどうしても表から見るとつれた感じになって編み地がポコポコしてしまう。

f:id:crocromanimani:20170610184957j:plain

ゆるーくと心がけながらやってみても上手くいかない。。。ダメだ。そして全然楽しくない!これでは続かない。

というわけで、もっと単純な柄にしよう!とあっさり方向転換。サイチカさんの本の中で丁度よさそうな幾何学模様を発見したのでそちらを使用。糸は同じくプリンセスアニーだが、色を変えてみた。

f:id:crocromanimani:20170610185006j:plain

単純な模様なので目を数えるのもネコ柄よりも全然楽チン。少しづつ慣れてはきたが、それでも糸の取り回しが難しい。

もう少しどうにかならないものかとネット検索。するとこんなブログ記事を発見。

フランス式で編み込み模様を編む: 糸の持ち方

なるほど、とマネて試してみる。まだまだ慣れが必要だが、前よりやりやすくなったかも。最終的にはこうなった。

f:id:crocromanimani:20170610185010j:plain

※お見苦しい太い指はご容赦いただきたい。

地色の糸(濃い色)がどうしても緩みがちになるので、私の場合は小指に一回巻きつける形で落ち着いた。間の毛糸のリングは先生に教えてもらった便利グッズ。余ってる毛糸をかぎ針でコード編みしただけ。これをつけることで2本の糸が寄って絡まるのを防げる。(ヤーンガイドという名前の道具も売っている。海外品ではあるが。)

で、なんとかスワッチ(試し編み)ができた。難はまだあるが、ぎりぎりゲージは取れるか。

f:id:crocromanimani:20170610185015j:plain

 

糸の持ち方で、もうひとつ参考になったAtelier Knitsさんのブログ 。

 

atelier-knits.com

 地色糸と配色糸の持ち方で模様の出方が変わるなんて驚きだ。

 

 

ガンジーのtablierも並行してぼちぼち進めている。