きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

ニットキャップを編む。

 

ニットキャップが必要になったので、Nuvemが編み終わった後に編み始めた。

一目ゴム編みのニットキャップ。

MOORITさんのキットなのだが、自分好みに目数・段数などをカスタマイズ。

f:id:crocromanimani:20170124000711j:plain

が、最初の一目ゴム編みの作り目で苦戦。動画を探してみたりしながら何度やっても上手くいかない。ので、靴下2号の時にも使った「ラトビア、エストニアの伸縮する作り目」で始めてみた。

一目ゴム編みの作り目に関しては今度教室の先生に聞いてみよう。

 

糸はマノスデルウルグアイ クラシカのレッドマーブル。キットでは1カセで編むのだが、2カセ購入。

針の指定は13号(6mm)だったが、10号(5mm)で編んだ。ことごとく言うことを聞かないあまのじゃく。

サクサク編めてわりとすぐに完成。1カセ半ほど使用。

f:id:crocromanimani:20170124000716j:plain

赤の色が濃淡がある上に渋みがあるので、そんなに派手な印象はない(と思う)。

チクチクもせず、被りやすい帽子になった。