きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

編み物教室を探す。

 

先日の京都のイトコバコでのこと。

店内を見ていると、ひとりの大学生くらいかな?という女の子が入ってきた。店長さんと何やら親しげに話している。どうやら編み物をこちらで教えてもらっているようだ。
なんだかとても羨ましい光景だった。私も独学ではちょっとしたことがわからなくてつまづいてしまうことがある(特に棒針編み)。近くに聞ける人もいない。本やネットで調べてみてもイマイチわからない。そうなるとなかなか進まなかったり、挙句に投げ出してしまったり。そんな時にこうやって教えてもらえたりする場所があるのは心強い。こちらのお店は聞きに来やすいアットホームな雰囲気が人にも店にもある。

東京でも手芸店で毛糸を買えば、教えてくれたりするらしいが、なんとなく聞きづらい。。。私の問題か?

 

以前も(2年くらい前?)編み物教室やサークルなどをネットで探してみたことがある。

その時は、とあるニットカフェに一度参加してみた。主催されていた方もいい方で楽しくなくはないのだが、自分にはちょっと違うなと感じていた。

 

年がら年中編み物漬けというわけでもなく、たまーに楽しむ程度なのだから、まぁ独学でぼちぼちやればいいかとこれまで思っていたのだが、最近になって欲が出てきた。編みたいものをちゃんと編めるようになりたい。

靴下を量産したくて大量のソックヤーンを購入したものの、靴下2号さえままならずの状態。まずはここを脱却したい(腰が重いのもいけないのだが)。

いつかセーター(もしくはベスト)も編んでみたいなと思ってしまい、今のままではいつになるのか、はたまた成し得ることができるのか我ながら疑問。

それならばやはり棒針編みをちゃんと習うべきかと思い、あらためて教室を探してみた。

 

個人で教室をやってる方も多いのだが、そのほとんどがなぜかかぎ針編み。何故だろう?手軽だからか?

それと平日の日中に行っているというのが圧倒的だ。平日は仕事をしているのでこれはまず無理。

 

日本ヴォーグ社が運営するヴォーグ学園というカルチャースクールがある。編み物では有名作家さんのサロン的なものや講師資格を目指すコースなどがある。
技術を学ぶ初心者向けとなると講師資格の入門コースとなるようだが、課題の提出スピードが結構ハードっぽいのであきらめた。
入門コースの通信講座もあるが、独学の延長になると思われるので、こちらもパス。

 

そんな中、比較的近くに棒針も教えてくれて土曜日もやっている編み物教室があるのを見つけた。

近くにはそこしかなさそうだったので、とりあえず見学を申し込んでみた。

 

見学当日、ちょっとドキドキしながら向かう。受付をすませ、いざ教室へ。

部屋はさほど大きくはなく、4人掛けの机が3つほど並んでいた。この日は4人の生徒?さんがいて、ひとりは男性であった。みなさん思い思いのモノを編んでいて、わからないことがあると先生に聞くという感じ。先生も気さくで明るい方。

毛糸は教室で買うのが原則のようだが、たまになら持ち込みしても良さそうな雰囲気。

最初は基礎編みの練習をして、その後は好きなものを編んで良いようなので嬉しい。

 

で、思い切って入会してみた。

入会金と月謝3カ月分を支払う。次の初回の教室の時にテキスト代、使う毛糸代。なかなかの金額である。結構かかるな。

とりあえず月謝3カ月分までは最低でもやってみようと思う。

 

 

f:id:crocromanimani:20160828002136j:plain

教室見学の帰りにリニューアルしたkeitoさんへ寄ってみた。

 

f:id:crocromanimani:20160828002142j:plain

ずーっと欲しかったガラスジャーを購入。