きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

サマーベレーを編む。

 

私はベレー帽好きでもある。

オシャレのためというのもあるが、髪の毛がグチャグチャでまとまらず困った時などに、さっと被ってごまかすにももってこいである。
ハットやキャップなどツバ(ブリム)がある帽子はいろいろな場面で脱がなくてはいけないと思うのだが、ベレー帽なら…と一日被りっぱなしだ。基本脱がない。脱げない。
 
ただ、やはりベレー帽と言えば秋冬物のイメージ。私が持っているのも例に漏れず秋冬の物がほとんどである。
春になり、気温も高くなってきて、いつまでもウールものではマズい状態。現在の髪型的都合でベレー帽の出番は急増中。
これは!と思い立ち、急遽サマーベレー(オールシーズン用?)を編むことにした。
 
ベースになっているのはサイチカさんの著書「ニットバッグレシピ」より、こちらのベレー帽。

f:id:crocromanimani:20160514112916j:plain

サマーベレーということで、糸はハマナカのフラックスKをチョイス。コットンリネンの糸でマスタード色(col.205)。かぎ針5号で編んでみる。
本のは冬糸だし、ゲージも違うので適当にアレンジしながら編む。フラックスKでもゲージを取って計算してみたりしたが、思うようにはなかなかいかないものだ。なので、結局最後はテキトーにとなる。
 
とりあえずひとつ完成。少し小さめになってしまった。
本のものは本当にキレイにできている。いろいろと細かなところまで計算されているのだろうか。

f:id:crocromanimani:20160514113815j:plain

f:id:crocromanimani:20160514113822j:plain

 
大きさの改良を考えながら、ただいま二つ目を制作中。
今度はかぎ針を6号にし、グリーン(col.207)のフラックスKで。

f:id:crocromanimani:20160514113559j:plain

 
自分の中での理想の形に持っていくのはなかなか難しい。
ある程度のパターンみたいなのを作りたいのだが、糸が変われば同じように作ってるつもりでもなんか違うものになってたりする。まだまだ修行が足りない。