読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

道具を揃える。 〜①かぎ針〜

 

私は道具好きである。

形から入るとも言う。(腕は伴わない)
 
2012年の年末頃に編みぐるみを編むことになったのがキッカケで、編み物の楽しさを知ることとなった。それから3年強。
最初こそ、ちまちませっせこと編んでいたが、今となってはたまーにしか編まないので腕はちっとも上がらず、いまだ初心者レベル。
なのに、形から入るタイプなので道具だけは細々どんどん増える。今使用している程度を考えれば要らないものもある(自ら言う)。が、いつか使う日がくる!(かも)と言い訳をする。
 
そんなニワカニッターな私がこれまで揃えた道具たち。
単に好みで好き勝手に買った普通の道具たちだが、買うまでに自分の中ではそれなりにドラマがあったりしたので、どれも愛着がある。
 

f:id:crocromanimani:20160403010227j:plain

編み物を始めるキッカケとなった編みぐるみは、書店のキット本から。同梱されていたかぎ針は金属のもので非常に編みにくいものだった。これではダメだと手芸店に買いに行った。その時買ったのは、確か近畿編針の竹の柄のものだったと思う。しばらくはそれで編んでいたのだが、それもやっぱり編みにくく感じ、ネットで調べて見つけたのが、今も愛用するクロバーの「アミュレ」だ。
 

f:id:crocromanimani:20160403010303j:plain

握る手に沿うように成形されたラバーグリップは、とても握りやすい。そしてこのカラーリング。号数がわかりやすいし、何よりビタミンカラーで可愛く気分が上がる。個人的には編みやすいと思っている。
 
悩み過ぎて勢いで買ったレース針セット。チューリップの「エティモ」シリーズ。
(本当はアミュレのレース針が欲しかったのだが、この時はまだ発売されていなかった。その後発売され、グリップはパステルカラー展開になっている。)
 

f:id:crocromanimani:20160403010357j:plain

買った時は、アクセサリーを編んでやろうとやる気満々だったが、あえなく挫折。レース針は先がホントに細く、針をおさえながら編むくせのある私には痛くてダメだったのだ。(何か解決策はあるのだろうか?)レース針は今後も微妙なところだが、使う日が来るかも(?)しれない。
写真では7本(0〜12号)入っているが、現在販売されているセットは8本入り(+14号)のようだ。元々は入っていて1本なくしてしまったのだろうか。記憶にない。。。
右端の2本はクロバーの「ちいさなてしごと」シリーズのもの。
 
エティモセットのケースが気に入ったので、アミュレ用にケースだけ購入。
それぞれがスッキリおさまり、お揃い感があるので気に入っている。
 

f:id:crocromanimani:20160403010430j:plain

 

かぎ針はこれで全部揃ったことになる。レース針はもっと細いのもあるが、私の場合はまず使わないので、これで揃ったと言える。とても分かりやすく、コンパクトだ。

 

 

4/2 追記

手芸関係のものを整理していたら、レース針の残りの1本出てきた!良かった!