読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

靴下を編む。

 

前回の冬、初めて靴下編みに挑戦した。

それまでかぎ針で小物(主に帽子)ばかり編んでおり、棒針も簡単なガーター編みのマフラーくらいしか編んだことがなかったのに、本屋でなにげなく靴下本を見て「編みたい!」と思ってしまったのだ。

後になって知ったのだが、この時ちまたではソックニッティングブームの波がきていたようだ。(毛糸だま2015年春号でも特集されていた)

靴下第1号は輪針2本で片方ずつ編む方法で挑んだのだが、まんまとSSS(セカンドソックシンドローム)になり、一足完成するのに半年以上かかった。。。

 

それでも、今回の冬も懲りずに靴下本を3冊購入。

f:id:crocromanimani:20160403005459j:plain

これら以外にもまだあったので、ちまたのソックニッティングブームはまだ続いている模様。もはやスタンダード?

 

第1号を普段履いているのだが、ウールの靴下はやっぱり暖かく気持ちよい。不思議と蒸れない(気がする)。天然素材マジック。

1足しかないので、もちろん毎日は履けない。もっと増やして秋冬の靴下はすべて手編みにしたい!という叶うのかどうなのか微妙な野望を抱く。

 

そして第2号の今回は、脱SSS! ならば、両足一緒に編めばいいのだ。と、マジックループで左右同時編みに挑戦中。

f:id:crocromanimani:20160403005555j:plain

サイドの増し目がなんだかひどいことになっているがご愛嬌。

ゆっくり、のんびり育てている。(ただ単に手が遅いだけ)