きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

“ガンジーのtablier”を編む。 #04

袖下と脇のとじを教室で教えてもらい、残りを持ち帰ってなんとか終わった。 ほぼ形になったので、なんだか一気に進んだ感。 ポケットも片方編み上がったので乗っけてみる。つけようかどうしようか迷い中なのだが、あった方が良いかな? すくいとじでとじて…

下田直子さんのWSに参加する。

2カ月ほど前の話になるが、8月の終わり頃に教室の協会が主催の下田直子先生のワークショップが開催された。 下田直子さんと言えば手芸界のカリスマ的存在。単純にどんな方なのか興味があり、深く考えずに参加申し込みをした。蓋を開けてみれば、何を作るのか…

“ガンジーのtablier”を編む。 #03

前回の教室で、ガンジーのtablierの肩と袖のとじはぎをした。先生に教えてもらいながらなんとかできたが、次にちゃんと覚えているかは自信がない。。 昨年からタラタラと編んできたが、やっとここまできた。次回の教室で袖下と脇のとじをする予定。その後、…

“ガンジーのtablier”を編む。 #02

ただでさえ編むのが遅いのに、欲張って2作品同時進行で進めているのでますます進みが遅くなるという悪循環。さらに7月末からドラクエ11 をどっぷりやっていたので、つい最近まで家での編み物の手はほぼ止まっていた。 ガンジーのtablierはというと、ようやっ…

編み針ケースを作る。【切替輪針編その2】

先日購入したHiyaHiyaのメタルの付け替え輪針。 買った時についていたケースがどうにも趣味ではなかったので、持っている輪針ケース(自作)にswitchの針と一緒に無理やり詰め込んでいたのだが、今後もう少し買い足そうと考えているので、やはり入りきらない…

パターン(編み図)を書く。

編み込みの練習がてらスワッチを編み、ゲージが取れたので、いよいよパターン作りへと進む。 今回は、形はごくごくオーソドックスなベスト。クルーネックのかぶりで衿・袖ぐり・裾にはリブを編みつける予定。 先生に採寸してもらい、そのサイズを元にアドバ…

編み込みの練習をする。

先日の編み物教室で、先生に編み込みのベストを作りたい旨を相談。 作ってみたネコ柄も見せて、ではとりあえず編み込みを練習してみましょうということになった。 編み込みに関しては全然やったことがないので、まずは糸のかけ方から。 私は左手に糸をかける…

道具を揃える。 〜④付け替え輪針〜

オンラインショップの靴下の毛糸屋さん atti's Sock shop さんにてHiyaHiyaというブランドのメタルの付け替え輪針セットを買った。今回初めてatti's Sock shopさんで買い物をしたのだが、対応も丁寧で発送も早くとても好感のもてるお店だった。 セット内容は…

コサージュを作る。

近く友人の結婚披露宴があり、着て行こうとしているワンピースがかなーり地味なため、コサージュで華をそえようと考えた。 これまでもネットで手作りのコサージュを目にしたことがあったので、私でもできるかな?と調べてみる。 リボンや布で作るものは見た…

編み込み模様を考える。

現在絶賛編み途中のガンジーのtablierは単色で淡々と編むという感じなので、次は多色の編み込み模様のウェアに挑戦してみたいなとボンヤリ思いながら、持っている編み本をパラパラと眺めてみる。 帽子などの小物から練習すればいいのだろうが、編みたいもの…

牛柄のシャツを作る。

牛柄といっても、いわゆる白黒のホルスタイン柄ではなく水牛(らしい)の顔の総柄。 こちらの生地は先日のホビーショーでゲットしたソレイアードのもの。ソレイアードというと花や植物の柄のイメージだったので数年前にこの牛柄を初めて見た時は衝撃だった。…

「第41回 2017 日本ホビーショー」に行く。

歳のせいなのかなんなのか、一年経つのが本当に早く感じる。 今年もこの季節がやってきた。年に一度のハンドクラフトの祭典、ホビーショー。今年のテーマは “上質” だそうだ。 本日(4/28)参戦してきた。 昨年同様、スペシャルチケットを購入して待機。受…

「彼らが本気で編むときは、」を観る。

昨年の10月、SNSでフォローしているニッターさんが、この映画が気になる!とつぶやいた。それが「彼らが本気で編むときは、」。 編み物ネタ⁉︎ しかも撮ったのは私も大好きな「かもめ食堂」の荻上直子監督ときたら、これは観るしかない!とひとりテンションを…

“ガンジーのtablier”を編む。 #01

昨年の11月から編み物教室では、サイチカさんの「編むのがたのしい、ニット」より “ガンジーのtablier” を編んでいる。念願の棒針編みのウェアデビューである。 デザインは前後どちらを前にして着ても良い2way仕様のたっぷりめのカーディガン(割烹着的な?…

編み針ケースを作る。【かぎ針編】

輪針のケースを作った後、勢いに任せてかぎ針ケースも作ってみた。 かぎ針はクロバーさんのアミュレシリーズを使っている。ラバーグリップが握りやすく編みやすい。ジャンボ針も発売されて全て買い揃えたら、今使っているケースには収まらなくなった。こちら…

編み針ケースを作る。【切替輪針編】

棒針編みを始めてみて、持っている切替輪針セットに入っている針より長いのがいいなぁなどとちょこちょこ買い足していったりして、結局ほぼ全部買い替えたくらいに編み針が増えてしまった。。。(私的には近畿編針さんのswitchの12.5cmの針がベスト!竹針サ…

ニットキャップを編む。

ニットキャップが必要になったので、Nuvemが編み終わった後に編み始めた。 一目ゴム編みのニットキャップ。 MOORITさんのキットなのだが、自分好みに目数・段数などをカスタマイズ。 が、最初の一目ゴム編みの作り目で苦戦。動画を探してみたりしながら何度…

Nuvemを編む。 #02

昨年から編んでいたNuvem、1月中に編み上がるかなぁと思っていたが、それよりも早く正月休みの間に編み上がった。 広げてみたら、想像していたよりか少し小さめ。糸が足りるか心配になり、少し早めにフリルパートに入ってしまった。逆に糸が結構余ってしまう…

三國万里子と「ほぼ日」展に行く。

12月16日(金)〜18日(日)の3日間、ほぼ日のお店「TOBICHI②」で開催された三國万里子さんの展示会(新刊出版記念)に行ってきた。 三國さんの新刊「うれしいセーター」 三國さんが12名の著名人のためにセーターをデザインして編むという企画。 ち…

Nuvemを編む。 #01

以前の記事からちょいちょい書いているが、海外パターンの大判ショール「Nuvem」を編んでいる。マルティナ・ベームさんという方のデザイン。 Nuvem (ヌーヴェン)とはポルトガル語で「雲」という意味だそうだ。 巻きものを編んでみようかとネットサーフィン…

靴下(2号)を編む。 #02

やっとこさ靴下2号が編み上がった。 明らかに間違えてる箇所があるのだが、編み直すのがめんどくさく、そのまま強行してしまった。この糸で散々編み直したりしていたので、若干見飽きてるのというのもあったり。 足裏の部分が数段ゴム編みになっている。履い…

Sock Rocketsを買う。

Sock Rockets(ソック・ロケッツ)= addi社がアメリカ向けのソックス編み専用の輪針として開発したメタル輪針。レース針の尖った針先に滑りのいいメッキ加工が施されたもの。らしい。ただし、「Sock Rockets」という商品名が付いているのはアメリカ向けのも…

手編み靴下の滑り止めを考える。

先日の靴下の滑り止めの失敗からどうにかならないものかと考える。 何のガイドもなしで塗ったら(私の場合)絶対失敗する。 滑り止め剤を購入したサイトでもテンプレートが売っていたのだが、いかんせんモチーフが可愛らしすぎる。ハートや星、車・・・子供…

2016秋 編み本を買う。

今年も本格的に編み物シーズンに突入し、巷では編み本がどんどん出版されている。 毎年、誘惑に負け思わず買ってしまうのだが、今年も負けまくりである。 定番の「毛糸だま」。中身を見て買うか決めるのだが、これは予告を見て発売前から楽しみにしていた。…

靴下(2号)を編む。#01

靴下の第2号を(やっと)編み始めた。 第1号はつま先から編み始めるものだったが、今回はスタンダードに履き口から編んでみる。 糸:カメレオンカメラ(col.ヘルシンキ) 針:US1号(2.25mm) 目数:68目 編み物教室でカカトの引き返し編みを教えて…

編み物教室を探す。

先日の京都のイトコバコでのこと。 店内を見ていると、ひとりの大学生くらいかな?という女の子が入ってきた。店長さんと何やら親しげに話している。どうやら編み物をこちらで教えてもらっているようだ。なんだかとても羨ましい光景だった。私も独学ではちょ…

京都に行く。

ひょんなことから京都に行くことになった。 観光目的の2泊3日であったが、1日は手芸店巡りをすることができた。 8月の第1週で天候には恵まれ、3日ともほぼ快晴。それはいいのだが、驚くほどの暑さだった。話には聞いていたが、夏の京都は本当に暑い!溶ける…

夏のワンピースを縫う。

随分と前にネットの生地屋「布もよう」さんで一目惚れして買った生地。 割と大きな柄物だが色合いや風合いがツボだった。 ちょっと凹凸のある織りでバニラン生地と言うらしい。こちらは綿100%。 透け感はなしの少し厚手なのだが、手触りはさらさらとして涼…

サマーベレーを編む。その②

グリーンのベレー帽はずいぶん前に出来上がっていたのだが、 投稿するのがずいぶんと遅くなってしまった。。。 前のマスタードより少し大きめ。 並べると、 被った具合はグリーンの方が好み。 他の色でも編みたいのだが、今季に間に合うかどうか。。。未定

サマーベレーを編む。

私はベレー帽好きでもある。 オシャレのためというのもあるが、髪の毛がグチャグチャでまとまらず困った時などに、さっと被ってごまかすにももってこいである。 ハットやキャップなどツバ(ブリム)がある帽子はいろいろな場面で脱がなくてはいけないと思う…