きまぐれ Handmader の覚書

たまーに編んだり、たまーに縫ったり。備忘録。

靴下を編む。〜Meow sock 編〜

 

f:id:crocromanimani:20180422221001j:plain

猫靴下が編み上がった。

編みながら自分ではだんだんと猫に見えてきたが、他の人が見たら「そう?」と言われそうだ。

編み方は、80cmの輪針のマジックループでつま先から編むタイプ。ベーシックなマチ付きのもの。作り目は32目で本体は1周68目でやってみた。68目は結構多い方だと思うが、キツめに編んでるせいなのか足の幅が広いのか、私の場合はこれでちょうど良い感じ。

この糸はモチモチしていて編んでいて気持ち良い。マノスデルウルグアイアレグリアにも近い?ような、、、編み地はアレグリアよりしっとりしている気がする。

モチモチの糸でキチキチに編んでいるので暖かそうな靴下に仕上がった。

靴下を編む時は特にキチキチときつめに編む。保温もだが、より丈夫になる気がするからだ。

f:id:crocromanimani:20180422221033j:plain

 

2足立て続けに編んでみたら、靴下編みに抵抗がなくなった。文章パターンにもだいぶ慣れてきた。むしろ日本の編み図はいまだによく分からないかも。

 

だいぶ前に買って、買った時には暗号にしか見えず封印していた amirisuさんの「靴下の本」を久しぶりに開いてみたら、だいぶ読めるようになっていた!これにはちょっと感動。

こちらの本に掲載されていて、Ravelryのグループの靴下KALのお題にもなっている「Liab」という靴下に挑戦したいと思うのだが、その前にもう1足練習。

今度はベーシックな靴下(もちろんToe-Up)のメリヤス部分を模様編みにして編んでみる。模様は、小瀬千枝さんの「ニットパターンワールド 500」の中のものを参考に。

糸は、これまでおとなしい色味できていたので今度は派手に!とSCHOPPELのCRAZY ZAUBERBALLのパープル・ピンク系で。編んでみるとそこまでドギツい感じはしない。

f:id:crocromanimani:20180422221352j:plain

 

 

そして、いよいよ今週の木曜日から3日間「第42回 2018 日本ホビーショー」が開催される!楽しみ!!

今年ももちろんスペシャルチケット購入済み。

hobbyshow.jp

 

 

 

 

靴下を編む。〜Soda Water 編〜

 

f:id:crocromanimani:20180408162139j:plain

Ravelryのグループの靴下KALで、Soda Waterという名の靴下を編んだ。

こちらのパターン、フリー(無料)な上に、日本人のデザイナーさんの作品でパターンも日本語版があるというのがありがたい。

こちらを編んでみて思ったことは、ショートロウ(既製品の靴下のようなカカト)の靴下よりもボックスヒール?(三角マチがあるタイプ)の方が編むのが簡単だということ。

引き返し編みのラップ&ターン(W&T)やその段消しなどの操作もあるが、W&Tの嵐のショートロウに比べれば、そのこなす数が少ないのでとっかかりやすい。初心者さんにもおすすめのパターンである。模様編みがあるおかげで編むのに飽きることがなく楽しく、段数のカウントもしやすい。

選ぶ糸によって可愛くにもシックにもなりそうなので、また違う糸で編んでみたい。

 

使用糸:Kusumike sock 75

使用針:US 1号(2.25mm)

 

今回使った毛糸は染め作家さんの糸。色の出方がとてもキレイで編んでいてとても楽しかった。他の毛糸も色がどれも素敵。一瞬にしてファンになってしまった。

買う時に本当に迷い過ぎてしまうのが悩ましい。

f:id:crocromanimani:20180408162213j:plain

 

数年前に靴下を編みたい!と始めた棒針編みだったが、なんとか1足編んだところで気力が尽きてしまい(SSSにも思いっきりなった)、その後も靴下編みはほぼ続かなかった。 ※SSS=セカンドソックシンドローム:片方編んで燃え尽きてもう片方がなかなか編めなくなる状態

W&Tどころか引き返し編みの意味もよくわからない初心者状態で、1足目でいきなりショートロウのカカトに挑戦し、本を見てもよくわからず、動画を見ながら何回も失敗しながらなんとか編んで、ものすごく苦労した記憶があるのだ。ちゃんと1足分編み終えるまでに何ヶ月もかかった。なので、靴下を編みたいと思っていてもその記憶のせいでなかなか手が出ずにいた。

今回、思い切って挑戦したら案外すんなりと編めて自分自身で驚いている。少しは経験を積んだからなのだろうか?

編み目のキレイさなどの出来栄えに関してはまだまだ修行が足りないが。。。

 

で、次も復習と練習を兼ねて靴下を編んでいる。

だいぶ前に買った猫柄風になるというソックヤーン。もっとわかりやすい三毛猫風とかトラ猫風とかのを選べば良かったのだが、無難?にグレーと白のものを買ってしまい、編んでみたらこれは猫柄なのだろうか?という微妙な感じで進んでいる。

普通にメリヤス編みの靴下を編んでいるのだが、やっぱり模様編みがある方がいいな。単調なので時々眠くなる。

f:id:crocromanimani:20180408162304j:plain

 

 

 

 

細々編む。

 

f:id:crocromanimani:20180317224846j:plain

気分転換にといろいろ細々編んでいた。

以前編んだケストラーさんのミトンのメンズバージョン。こちらは本の通りの目数・段数で。糸は毛糸のピエロさんの「シフォン」と「エルマー」の2本取り。結構なミチミチムッチリ感になってしまったが暖かいと思う。

f:id:crocromanimani:20180317235655j:plain

手のサイドから手首を編み始めるところに大きく穴が開きやすいと聞いていたので、手首の最初の目の前にねじり増し目をし、ぐるっと手首の一段目を編んで、最後の目とサイドから続く目を2目一度して穴が目立たないようにしてみた。

 

 

f:id:crocromanimani:20180317225341j:plain

⬆︎こちらもケストラーさんの著書「表目と裏目だけで編むニット(NHK出版)」から三角模様のマフラーのパターンを参考に、模様の数を増やしてマフラーではなく輪にしてスヌードにしてみた。よく見ると三角模様があるのだが、段染めのシマ模様の方が主張が強く模様編みがあまり目立たない。。。

ま、これはこれで良しとしよう。これもメンズ用

糸は京都のイトコバコさんで買ったお買い得カセのもの。多分、ハマナカFUUGA。

 

 

f:id:crocromanimani:20180318000423j:plain

⬆︎何年か前にアヴリルさんで買った超極太リリヤーン。

今見ると、可愛い...可愛すぎる。キャラじゃないだろ。。。なんでこの糸買ったんだ?と我が思考を疑う。

ちょうど良く似合いそうな嫁入り先があったので、時期はすでに微妙であるがネックウォーマーを編んでみた。12mmという恐ろしく太い針でざくざく編む。

こちらもケストラーさんのミトンの変わりゴム編みの編み方にしてみた。数時間であっという間に編み上がってしまった。編み上がったら、やはりかなりの可愛さのポップな色合い。

f:id:crocromanimani:20180317225404j:plain

ちょっと大きくなってしまった感があったので、思い切って洗濯機で普通に回して縮絨を試みる。すこーし縮んでちょうど良くなった。質感もフワフワしてさらに可愛くなった。喜んでもらえるといいな。

 

と、ケストラーさんづくしの小物編みを堪能。

 

今は、一気に針が細くなって2mmの針で靴下を編んでいる。

 

 

 

 

Revelryに本気を出してみる。

 

f:id:crocromanimani:20180317213957j:plain

編み物をしている人の間では超有名な編み物SNSRavelry(ラベリー)」。

自分のProject(編んだもの、編んでいるもの)や糸在庫の管理はもちろん、世界中のクリエイターさんが登録しているパターンから好みのものを探して購入したり(無料のものもある)できるサイトである。ただし、基本英語。

編み物を始めた時にネットでいろいろ調べた際に存在を知っていちおう登録してみたのが4年半ほど前。それから大したこともすることなくずーーーーっと放置状態だった。

 

2月に吉祥寺で開かれた編み会に参加したのがきっかけで、そこで知り合った方にRavelryの便利さを教えてもらい、いっちょやってみるかと重い腰をあげてみた。

Projectはいまだ数個という貧相ぶりだが、これはこれから増える予定。

とりあえずは糸在庫を登録してみる。

毛糸箱から全ての毛糸を引っ張り出し、撮影してアップしていく。なかなかの作業である。やってみると、大変だが楽しくなってきた。あらためてこんなに持っていたのかと驚く。中には数年前に買って、なんでコレ買ったんだ?とか思うのもあったりする。

一覧になると、なるほどわかりやすい。

スマホですぐに持っている毛糸が確認できるのはかなり便利だと気付いた。

 

吉祥寺の編み会のRavelryグループに参加させてもらったりして、やりとりなどしているととても楽しく、自分の編み物の世界が一気に広がった感じがする。

まだまだ分からないことだらけではあるが、少しずつ覚えていければなと。

 

ついでに、非公式ではあるがRavelryのアプリもあったのでダウンロードしてみた。

なかなか便利だと思う。

Stash2Go

Stash2Go

  • Chili Consult UG
  • ライフスタイル
  • ¥720

play.google.com

 

 

 

 

 

 

“ガンジーのtablier”を編む。 #05 完

 

f:id:crocromanimani:20180218230814j:plain

 

ガンジーのtablier” やっとこさ完成!!(無理矢理終わらせた感も否めないが)

結局ポケットはつけない方向に。ボタンは以前の記事で迷っていた2種類の丸い方にした。

 

f:id:crocromanimani:20180218232057j:plain

 

試しに着てみると、絶望的に似合わない。。。ガックシ。。。

編み上げるのに長ーーーくかかったせいでゲージがだんだん変わって、予定よりもかなり小さく仕上がってしまったのだ。それに加え私の体型のせいもあって、かなり太って見える(もともと太っているのだが)。。。横着せずに途中でちゃんとゲージを確認するべきなのだというのを学んだ一着。

本来ならば、もっとオーバーサイズでざっくり着るタイプなので、それだったらまだ見れたかも。。。

 

 

だがしかし!こちらのパターンは前後どちら側を前にしても着れる2wayタイプ!!

当初は考えていなかったが、ボタンを後ろ側にして着てみる。。。ギリギリなんとか大丈夫かな?という状況。とりあえずこっちの方向で活用するのを考えてみよう。

 

f:id:crocromanimani:20180218233214j:plain

 

こんなとき、世のニッターさんたちは解いて編みなおしたりするのだろうが、ものすごく時間のかかった初ウエアでもあるので、ある意味愛着もあり、もはやそんな気力もない。というわけでこのまま押し通す。

ウエアは難しい。。。でもいずれまたトライしたい(もっとシンプルなやつで)。

というかすでに放置中のベストがあるので、あちらもなんとかせねば。。。

 

 

大物が続いたので気分転換に編んでいたケストラーさんのミトンはさっくり完成。

まだ寒い日は続きそうなのでさっそく使ってみよう。

f:id:crocromanimani:20180218233829j:plain

f:id:crocromanimani:20180218233900j:plain

平置きにすると結構滑稽な形なのだが、はめてみるとなかなか面白い表情になる。

やっぱり黒も欲しいかな。

 

 

 

 

 

道具を揃える。 〜⑤その他お便利道具たち〜

 

f:id:crocromanimani:20180205015554j:plain

形から入るのが好きなので、道具も大好物。

いろいろ探すのも楽しい。実用性を求めて探すのだが、結果としてただのコレクションみたいになってしまうことも多々。

そんな中、最近(過去1年くらい)手に入れたお気に入りの道具たちを紹介したいと思う。

 

amirisuさんattiさんのお店で取り扱いのある「Cocoknits」という海外ブランド(メーカー?)の道具類が最近特にお気に入り。

とてもシンプルで使いやすく、なおかつ洒落ている。

 

その① Cocoknits Maker's Keep

f:id:crocromanimani:20180205015634j:plain

大きなマグネットが付いたバンドである。スチール製のアイテムをくっ付けて作業ができる。アパレルの方が仮縫いなどの時に手首に針山をくっ付けて作業するが、あんな感じ。

シリコン製のリストバンドがくるんと腕に巻きつく。調べてみたらクロバーからも似たようなものが発売されていた。こちらは針山として売られているが、同じように使えるはず。が、なんかダサめ。むむ。。。

磁力で針をしっかりキャッチ | 商品紹介 | クロバー株式会社

私は「Cocoknits Knitter's Keep キット」として買ったので、本体の他に目数マーカーや段数マーカー、とじ針、小さめの縄編み針(←これも目当てだった)がセットになっていた。もちろん全てマグネットに付くスチール製。今はMaker's Keep単品での生産・販売になっているようだ。amirisuさんではまだセットが売っているようだが、それがSold Outになったら、セットはもう無くなるかも。

f:id:crocromanimani:20180205015710j:plain

私は普段マグネットに大量のマーカーをくっ付けておいて使っている。近くにテーブルがなくても細かなマーカーをすぐに取ったりまた戻したりできるので非常に便利。

 

その② Cocoknits STITCH STOPPERS 

f:id:crocromanimani:20180205015739j:plain

こちらはニードルキャップ?的なもの。EVA素材で柔らかく軽い。サイズが6種類あるので針サイズに合わせて使える。

いわゆるニードルキャップのように針先をカバーはしないのでそこは注意が必要だが、グッと挿せばしっかりと止まるので、むしろ普通のニードルキャップより目が抜ける心配がない(普通のニードルキャップはたまにポロリンと取れたりしてた)。付替輪針の場合、針を外したあとにコードにさして目を休めることもできる。なにせ軽いので使い勝手が非常に良い。色もカラフルで見た目にも楽しい。

f:id:crocromanimani:20180205015802j:plain

 

その③ Cocoknits Knitting Row Counter

f:id:crocromanimani:20180205015850j:plain

 あった!かわいいカウンター。これまで百均のカウンターを使っていたが、これを見つけて、うーん...お安くはないしどうしよう...と迷っていたが、結局物欲に負けた。

大きさもコンパクトで使いやすく、裏側がスチールになっているのでMaker's Keepに装着可能というのも嬉しい。

 

以上3つが、最近大活躍の道具たち。

Cocoknitsには他にも魅力的な編み道具・グッズたちがあるのだが、今のところ必要に迫られていないので眺めるだけ。

 

その④ 番外編

編み込みのベストが放置状態になっているのは、2本の毛糸の取り回しがなんとも上手くいかず、非常にストレスになるからだ。これも練習あるのみと言われてしまえばそれまでなのだが、もう少しどうにかならないものかと道具に頼ろうとしている。

便利かどうかはまだ未検証なのだが、いまのところこの3種のヤーンガイドを用意してみた。

f:id:crocromanimani:20180205015944j:plain

写真左上のはaddiのもの。右上はprymのもの。

そして下のシリコンのリングは、最初MOORITさんのオンラインショップで見つけたのだが、すでに在庫はなく再入荷もないとのことだった。スタッフさんに伺ったところ、これは別に編み物道具でもなんでもなく雑貨だということだった。元々は何かを結束したり飾ったりするためのもので、これを見たスタッフさんが編み込みにも使えるんじゃないかと試しに入荷したものらしい。ロフトとかに普通に売っているんじゃないかときいたのでネットで探したところ発見。買ってみた。

f:id:crocromanimani:20180205020020j:plain

こんな風に小さい穴から毛糸を通して指にひっかけて使う。すごいアイデア

そのうち重い腰を上げなければ。

 

それともう一つ。

こちらも特に便利とかではないのだが、いっとき話題になったJRのSuicaペンギンのチョコ缶。東京駅に行くことがあったので買ってみた。

チョコがなくなった後にはいつか編もうと思っている野呂スカのための大量のマーカーを忍ばせている。

f:id:crocromanimani:20180205020046j:plain

 

 

 

 

⬇︎⬇︎ 過去の道具シリーズの記事はこちら⬇︎⬇︎

 

道具を揃える。 〜①かぎ針〜 - きまぐれ Handmader の覚書

道具を揃える。〜②棒針〜 - きまぐれ Handmader の覚書

道具を揃える。 〜③その他〜 - きまぐれ Handmader の覚書

道具を揃える。 〜④付け替え輪針〜 - きまぐれ Handmader の覚書

 

編み針ケースを作る。【切替輪針編】 - きまぐれ Handmader の覚書

編み針ケースを作る。【かぎ針編】 - きまぐれ Handmader の覚書

編み針ケースを作る。【切替輪針編その2】 - きまぐれ Handmader の覚書

 

 

 

 

 

 

 

 

“Dotted Rays”を編む。#02 完

  

f:id:crocromanimani:20180203220652j:plain

昨年の11月下旬より編んでいたDotted Rays(Designed by Stephen West が完成した。今年の編み物作品第1号。

自分なりにそこそこ頑張って編んでいたが、手が遅いため2ヵ月強かかってしまった。(ドットがなんだか小さめな感じがするが、私の手がきつかったのか。。。)

毛糸は3種の糸それぞれ約90gずつ使用。

 

f:id:crocromanimani:20180203220744j:plain

 

本当に適当に色変えをしていき、編みながらもこれはどうなんだろうかと思っていたが、いざ出来上がってみると不思議?な色合いというか雰囲気に。「民族衣装みたいな雰囲気だね」と人から言われ、なるほど。そう言われて見ると悪くない。単純なので、自分はこういうのが好きなのかもしれないとさえ思えてきた。

がしかし、出来上がったはいいものの巻き方に悩むショールであった。ぐるぐる巻けるようにとLサイズバージョンで作ったが、そこまでぐるぐる巻けるものでもなく、はてどうしたものかと。

微妙に変わった形なので、おしゃれに巻くどころか普通に巻くのも難儀する。

せっかく作ったので活用したい。器用ではないのでとりあえず適当に巻くしかないようだ。こういうものを素敵に巻ける方を心から尊敬する。

 

f:id:crocromanimani:20180203220813j:plain

 

次にショールを編むとしたら、やっぱりNuvemのような大判ショールが良い。以前編んだNuvemは、なんだかこ汚くなるくらいヘビロテ中だ。個人的に抜群の汎用性。(その手のショールは編む上で修行・苦行レベルのものになるのだが。。。)

 

 

大物はとにかく時間がかかって、地味にMPを削られていくので、次は気分転換にベルンド・ケストラーさんの指なしミトンを編むことにした。変わりゴム編みバージョン。

 

f:id:crocromanimani:20180203222507j:plain

というわけで、スワッチ編み。編み目が全然揃わない。。。

本にもあるように段染め糸で編む方が多いが、カジュアルになりすぎそうなので単色で。ベビーアルパカの糸(モーブ)とモヘアとシルクの混紡糸(キャメル)の2本引き揃えで編む予定。これはサクサク編めそうな感じ。

 

 

SNSなどを見ていても、世のニッターさん達は本当に編むのが早い。経験でどうにかなるものなのか?コツみたいなものがあるのか?謎だ。

編みたいものはどんどん出てくるのに手が一向に追いつかない。。。気持ちだけが先走り、編み本と毛糸だけはどんどこ増殖中。